忍者ブログ
車とバイクの知識と常識
このサイトでは車とバイクに関する知識を提供しています。
スポンサードリンク


2018/11/20 (Tue) 05:48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


2008/10/30 (Thu) 12:24
廃車に必要な書類と費用費用

廃車には、永久抹消と一時抹消があります。
永久抹消は、車体を引き取る業者を探して自動車を引き取ってもらいます。
まずナンバープレートを外しておき、自動車リサイクル券以外を受け取ります。
その後、業者から解体報告記録日の通知がきます。
廃車手続きには、この解体報告記録日の通知と申請書、手数料納付書、実印、3ヶ月以内に発行した印鑑証明証、車検証、自動車リサイクル券、ナンバープレートが必要です。
こうした書類がすべて揃ったら、窓口に申請します。
自動車税が還付されるときには、その申請もします。
一方、廃車の一時抹消手続きでは、申請書と自動車税申告書、実印と所有者の印鑑証明、車検証、手数料納付書、ナンバープレートが必要となります。
このほかに印紙料350円必要になります。
廃車手続きの一時抹消手続きは、永久抹消とは異なります。
一時抹消は、再度車を利用することができますが、永久抹消はできません。
廃車手続きにかかる費用としては、永久抹消の場合は、車の状態によっても変わってきますが、だいたい1万円前後と見積もると良いでしょう。
一時抹消の場合には、手数料は印紙代が廃車手続き費用となります。
もし、廃車手続きを業者に依頼する場合には、2000円から4000円ほど高くなると考えておくと良いでしょう。
自動車税や自賠責保険、それに自動車重量税などが残っている場合には、還付されるので廃車手続きをする場合の費用は、ケースによりさまざまです。
PR
スポンサードリンク


2008/10/30 (Thu) 12:23
自動車の廃車手続

自動車の廃車手続きとは、乗っている自動車を一時中止する手続きのことです。
正確には、自動車の一時抹消登録手続きと言います。
もし、この手続きを行ってから、自動車を解体することになった場合には、解体届けを出さなければなりません。
もし、車検で自動車重量税や自動車検査証の有効期限が1ヶ月以上残っているときには、申請すると還付が受けられます。
自動車の廃車手続きは、一時抹消と永久抹消ですが、ほとんどは一時抹消手続きとなります。
この廃車手続きをするには、管轄の運輸支局または、自動車検査登録事務所に行きます。
必要書類は、廃車手続きをするところで販売されている、申請書と350円の手数料印紙、所有者の3ヶ月以内の印鑑証明、実印か委任状、自動車検査証とナンバープレートです。
廃車手続きの、一時登録抹消後の解体届出の場合には、届出書と手数料納付書それに、一時抹消登録証明書、住民票またはその写しなど、所有者の住所を証明する書類それに、新所有者の住所を証明する書類が必要となります。
自動車重量税の還付がある場合は申請しますが、この場合には金融機関名、支店名、口座とその種類が必要となります。
こうした書類もあらかじめ用意していきたいものです。
廃車手続きの一時登録抹消後の輸出届出も同じような書類が必要となります。
この場合譲渡証明書も必要となります。
また、輸出する場合には、輸出予定日の6ヶ月前からこうした手続きを行うことができます。
自動車の廃車手続きには、一時抹消後にもいろいろな手続きがあります。
スポンサードリンク


2008/10/30 (Thu) 06:23
廃車するには

車を廃車にする場合に一番気をつけなければならないのは、業者選びです。
車を廃車にする前に、業者に査定してもらうことができます。
その場合、業者によって10万や20万といった高額な金額の差が出てくるようです。
もし、車の車検を業者に代行してもらっているなら、廃車の手続きもお願いすると良いでしょう。
車の廃車の手続きには、永久抹消と一時抹消があります。
たいていは、一時抹消で手続きされるようです。
もしも、車の傷みが激しい場合には、使える部品だけ外して、販売します。
フロンは、その取り扱いが許認可されている業者でないと、法的に違反となります。
また、こうしてフロンを取り外した後は、リサイクルして車を解体します。
中には、認可されていない車の廃車手続き業者もあるので、ここはしっかり調べなければなりません。
廃車手続きをする時には、車検証が必要となります。
廃車にすると分かっている車であっても、車検証が必要です。
もしも、車検証がない場合には、陸運支局にいって、車検証の再交付手続きが必要となります。
もし、車検を受けていない車なら、廃車をすることができません。
車検を受けていないということ自体、法律に違反しているので、有罪となります。
インターネットには、車買い取りサイトや、廃車手続き業者サイトがランキング別に掲載されています。
出来るだけランキングの上位の代行会社を探して、実際にその会社に訪れてみるのが良いでしょう。
その会社が取得している許認可についても調べる必要があります。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]


ダイエット・美容の知識と方法 /  就職・転職の知識 /  アウトドア キャンプの知識 /  一人暮らしに役立つ情報 /  子育て・育児の知識  /  観光旅行案内 /  在宅介護・介護制度の知識 /  住宅ローン /  世界遺産の案内 /  オーラソーマ /  内職・斡旋 /  料理・レシピ・グルメ /  資格試験情報 /  保険用語 /  株式用語 /  医療資格 /  お金の用語 /  脂肪吸引でダイエット /  田舎暮らしの準備と知識 /  ブランドとファッション /  自己破産・クレジットについて /  風水と占いとパワーストーン /  旅行用語 /  エコ・リサイクルについて考えよう /  冠婚葬祭のマナー /  住まいの知識 /  保険の知識 /  医療と病気 /  マナーの常識と知識 /  車とバイクの知識 /  内職・斡旋・在宅ワークの基礎知識 /  投資の基礎知識 /  グルメとレシピの知識と情報 /  ペットのしつけと飼い方 /  美容と健康 /  話題のファッションとブランド /  就職・転職の知識とアドバイス /  妊婦と子育ての知識 /  風水と占いの知識 /  車とバイクの知識と常識 /  介護福祉の制度とサービス /  病気の予防と医療の知識 /  住宅購入とリフォームの知識 インテリア・ガーデニング情報 /  保険の選択と見直しと知識 /  旅行案内 /  結婚相談 / お見合い / 冠婚葬祭 マナーと知識 /  パソコンの役立つ知識と方法 /  さまざまな趣味と娯楽 /  話題の家電情報 /  外国語の活用と上達方法 /